Lean Startup Extreme

 

春の出版に向けて本を書いているのですが、今日はボツになった「はじめに」をご紹介します(笑)

思いっきりハジけて書いたので普段の私のキャラクターとまったく違います。。。

ですが、リーンスタートアップの本質を伝えるにはイイ感じの文章になったと思うので、オクラ入りはもったいないなーと思って投稿することにしました。

 

ちょっと過激な文章ですが、リーンスタートアップのスピード感を楽しんで頂ければと思います。

 


 

きみはまだ、起業の成功は「アイディア」の素晴らしさによって決まると信じているのかい?

だとしたらキミも例外なくスタートアップの99.9%が所属するルーザーズ・クラブの仲間入りだ!

 

プレゼン資料や事業計画書とやらをせっせとパワポに打ち込むことが、実は成功から遠ざかってるなんてことに気づく頃には、すでにキミのスタートアップはとっくに消え失せてる!

 

ん?投資家へのプレゼンは大事だろうって?

 

もちろん!

 

でもプレゼン資料だけ作って成功したやつなんか存在しないし、そもそもスタートアップのほとんどはVCから投資を受けながら消えていったんだ。

友人やソーシャル上で「いいね!」と言われながらもね。

 

スタートアップというサバイバルレースで、ほんのひとにぎりのウィナーになるためには、絶対的にクレバーに立ち振る舞うことだ!

 

学歴やIQなんか関係ない。

スタートアップにおけるクレバーとは、「なにをやるか」と「どうやるか」両方とも人よりもほんの少し優れてればいいんだ。だってクレバーじゃない他の連中はみんな自滅してくれるんだから(笑)いや、ホントに。

 

ほとんどの人は「なにをやるか」を決めてから、お決まりの根性論で「どうやるか」を実行に移す。やがて死に絶えることを疑いもせずに。。。

プレゼン資料ってやつは、スタートアップと投資家で「根性でいくぞ!」を誓い合う決意表明みたいな存在だ。

 

じゃ、どうすればいいかって?

 

いいかい、これだけのスピードで変化を続ける産業なんて”IT”以外に存在しないんだぜ。

上場企業がIPOからたった数年で「衰退期」を迎えるなんていうクレイジーなことは、世界中のどこを見渡したってIT以外には存在しないんだ。

 

っていうことは、いままであたりまえだった「やりかた」で起業なんかしちゃダメだってことなんだよ。

 

だってキミが「なにをやろうか?」なんて考えてるいまこの瞬間にも、世界中のGeekな連中がほんの1日でアプリ作るような時代なんだ!

パワポ作って成功を待つなんてことするには人生ってヤツは短すぎる!

 

これからソフトウェアで起業しようとしているキミは、「なにをやるか」をじっくりと考えて、「どうやるか」をじっくり計画立てて、なんて時代はとっくに終わったってことに気づく必要がある。

 

思い立ったらすぐに試してみて、合ってたら一気にいく!、間違ってたら翌日には修正する!

っていう「どうやるか」を完璧にマスターし、恐ろしいまでのスピード感で熱狂的なファンを増殖させる必要があるんだ。

 

こうしたやりかたを、シリコンバレーでは「リーンスタートアップ」って呼んでる。

 

このリーンスタートアップを実行するアントレプレナーが増加するに従って、

「僕の計画では、このフリーアプリはソーシャル上でのバイラルが発生し、ローンチから6ヶ月で1万ユーザを獲得できる見込みなので、広告収入が期待できます」

ってな感じのパワポを信じるアホはもうひとりもいなくなったんだ。。。

「ま・と・も」な連中のあいだではね。。。

 

フリーならみんな使ってくれるっていうのがホントなら、駅前のティッシュ配り屋さんがまっさきに上場してるはずだろ。

でもキミがちょっとした気まぐれでティッシュを受け取ったり無視したりするように、マーケットっていう存在は、キミが作った取るに足らないアプリに熱狂もするし、平気で無視したりもするんだ。

 

 

キミが本気でITで成功したいっていうのなら、とにかくスピードを手に入れるんだ!

「なにをやるか」なんて後からどうにかするんだ!

「どうやるか」を今すぐマスターして、驚異的なスピードでぶっ飛ばすんだ!

そうすれば、たとえ同じようなサービスを先にローンチした優等生たちだって、あっという間に追いぬくことができるんだから。

実は「TTP(テッテー的にパクれ!)」が勝ちパターンだってこともすでに証明済みなんだぜ。

 

よく「いま、ITプラットフォームは20年に1度の変化の時代にある。だからいまこそチャンスなんだ」みないな言葉を耳にするようになったけど、キミはどうおもう?

 

いま起業するなら、この変化の状況からニーズを上手くくみ取らないといけないなんて思うかもしれないけど、真実はちょっと違うんだ

 

ITの進化スピードはもう二度と下がることなんかない!決してない!これからも更に加速するだけだっ!

ってことは、圧倒的なスピードを手に入れたやつだけが限られた成功者になるんだよ!

 

わかる?

ゲームのルールは完全に変わったんだよ。

 

ちょっと前のゲームは3つアウトになるまでは攻め続けられた。

でもいまは、たった数百万の資金を与えられて、数カ月で結果を出せなければアウト!

即退場だっ!

 

なんでゲームが変わったのかって?

 

プレーヤが増えすぎたんだよ。海の向こうから。

だからマーケットはプレーヤ全員を評価するヒマもなくなって、誰の目にもふれることなく消えていくアプリで世界は溢れかえるようになったんだ。

 

いまじゃ小学生だってハックする時代なんだ!

アプリの開発なんて誰だって思い立ったらその日のうちに、まったくお金をかけずに作れちゃう時代だってことさ。

 

そんな時代でキミがいますぐやらなきゃいけないのは、こんな本を読むのをいますぐにやめて、圧倒的なスピードで「ビジネス」を作り始めるんだ!(笑)

 

いいかい、もう一度だけ言うよ。

「圧倒的なスピード」で「ビジネス」を作るんだ!

「すばらしいアイディア」による「アプリケーション」じゃない!

 

ユーザが熱狂するものを作れ!

金の匂いに敏感になれ!

 

この本は1時間で読み終えろ!

パートナーに回し読みしろ!やつらもきっとまだわかってないから。

そしてすぐにビジネスを始めるんだ!

 

心の準備はいいかい?

じゃ始めるよ!

 

 


 

 

 

いかかでしたか?

リーンスタートアップのスピード感は伝わりましたでしょうか?

 

現在書いている書籍のターゲットはもう少し穏やかな感じのユーザ層なので、出版されるバージョンはやや落ち着いた感じになりそうですが、基本的にお伝えしようとしている内容はこんな感じです。

 

来月には様々なお知らせができるように毎日進めていますので、ぜひ楽しみにして下さい!

 

あ、でもこのバージョンへの感想も聞かせて頂けたらウレシイです!

 

No Comments.

Leave a Reply

(required)

(required)