ケーススタディ9 リーンスタートアップ流の取締役会とは?

今週の月曜日5/23に、今年で2回目の開催となる”Startup Lessons Learned Conference“が開催されました。Lean Startupのイベントとしては、Meetup以外で唯一公式に開催されるものです。

以前の記事でご紹介したケーススタディも昨年の開催から起こしたものが多く、今年も充実した内容でした。

初めての開催だった昨年は、リーンスタートアップの必要性についての講演が多かったのですが、今年の内容はいかに実践するか?といった事例や実績が数多く紹介され、リーンスタートアップの浸透を実感させます。

もちろんこちらで順次紹介していきますのでご期待ください。

第一弾はもちろん基調講演となるスティーブ・ブランクの講演です。

昨年は伝説的な”Why Accountants Don’t Run Startups“で会場を大いに沸かせましたが、今年の内容も実に充実でした。

今年のトピックは4つ

  1. 昨年学んだ10つのこと
  2. 経験知に基づくアドバイスに潜む問題点
  3. アーリーステージと経験知のギャップ
  4. スタートアップの取締役会の問題点

メイントピックは「スタートアップの取締役会の問題点」についてです。

本トピックでは、スタートアップが外部取締役も交えた定例的なミーティングをどのように行うべきなのか?という課題に対して、リーンスタートアップの概念にピッタリフィットする事例を披露してくれています。

顧客発見、顧客実証を行っている間、ウォーターフォール的なスケジュール管理には価値がありません。ローンチしてもニーズがあるか未検証のプロダクト制作の進捗を確認しても、スタートアップが成功に近付いているかどうかの確認にはならないからです。

同様に、メインストリーム市場にチャレンジ前のスタートアップにとって、収支報告も意味がありません。創業者の親族、友人が購入してくれた売り上げ報告などを聞いても、やはりスタートアップが成功に近付いているのかまったく確認することが出来ないからです。

顧客発見、顧客実証の段階にあるスタートアップにおいて、取締役会が定期的に確認してアドバイスをすべきは以下の4点です。

  1. どのような仮説を立てたか(重要度と共に)
  2. それをどのように検証したか(するべきか)
  3. そこから何を測定し、学習したか
  4. 学習に対してどのような方向転換(Pivot)を行ったか?

そのためには、こうした情報は常にネット上で「リアルタイム」に公開、更新されるのべきです。

そこでスティーブ・ブランクは、スタートアップはすべての活動をブログ形式で公開(もちろん限定されたメンバーに)し、リアルタイムに投資家からのアドバイスを得るための手段を提案しています。

これは、スティーブ・ブランクがスタンフォード大学のLaunchPadという講義の中で実際に使用した方法で、具体的なやり方とツールが紹介されています。

※こちらのビデオの25:30ぐらいから実例が紹介されています。

基本は顧客開発モデルです。

  • ブログ上にはスタートアップが記述した仮説が「ビジネスモデル・キャンバス」というシートに記載されています。
  • その仮説をどのように検証していくかのプロセスがスケジュールされます。
  • そして実際に行なった検証は、インタビュー、アンケート、ビデオ、プロトタイプを問わず、ネットに公開されます。
  • こうした活動に対して、アドバイザリーメンバーはリアルタイムにウォールに書き込みを行うことでアドバイスを送ることができます。

そして、このような取締役会のためのツールも同時に紹介されました。

Lean LaunchLab“と呼ばれるこのサービスは現在ベータ版の公開に向けてランディングページだけが用意されている状態ですが、デモを見る限り確かにリアルタイムで有効な情報交換が可能であり、従来の取締役会の開催が本当に不要になりそうです。

このような取締役会の開催による効果は次のようなものです。

■スタートアップ向け

  1. スタートアップが経験知に基づくアドバイスをリアルタイムで得られること
  2. 実際の活動を投資家に見せられること
  3. 日和見的な計画から、戦略主導のスタートアップに変化すること
  4. 取締役会のために割く時間が大幅に削減
  5. 地域を超えた投資が期待できる!

■投資家向け

  1. スタートアップをリアルタイムにモニタリング可能
  2. 軌道修正のためのタイムラグが「ゼロ」!
  3. 管理できるスタートアップの数が大幅に増大
  4. 投資対象先に対する地域の壁を無くす

また講演の最後には、こうした取締役会を行うことができるスタートアップに投資を希望するVCも紹介されました。

まさにこうした取り組みが私たちリーンスタートアップジャパンとしての方針でもあり、スタートアップと投資家がロードマップを共有しながら共に成功を目指していく状態に近づいて行きたいと思っています。

When the Boardroom is Bits

View more presentations from steve blank

No Comments.

Leave a Reply

(required)

(required)